睡眠とダイエット効果をもたらすメラトニン3mg摂取体験レポート

以前ご紹介した、睡眠についての記事、みなさんご覧いただけましたでしょうか。

睡眠に問題を抱えている方は、本当に多いと思うので、是非試してみてください。

そして、まだまだ、より良い睡眠を手に入れるために、いろいろと調べていると、メラトニンという物質に出会いました。

メラトニンとは?

夜なんだか眠くなるというのはメラトニンというホルモンの働きによるものです。

メラトニンとは、良質な睡眠に不可欠。

夜間に徐々に分泌が増えていき、夜中に達すると最大となり、心地よい眠りへと入ります。

メラトニンがより多く分泌されるには、メラトニンの材料セロトニンというホルモンが日中にしっかりと分泌される必要があります。

セロトニンは、しあわせホルモンと呼ばれる脳内ホルモンで、規則正しい生活を行い、セロトニンの分泌には日光を浴びることが欠かせません。

昼間はセロトニンを生成し、夜間はメラトニンを生成という2つのホルモン分泌の流れが良い睡眠をもたらします。

[PR]

メラトニンの効果

睡眠効果

メラトニンは、夜間徐々に分泌され、副交感神経に作用しリラックス状態となり、血圧・脈拍を下げる作用があります。

メラトニン受容体に作用し分泌を促進、催眠効果を有する睡眠導入剤も医薬品として海外では存在しています。

しかし、日本では手軽に手に入れることはできませんが、メラトニンのサプリメントがドラッグストアなどで購入できる国もあります。

睡眠効果、またそれに伴う作用により、日中の判断力・集中力の向上、偏頭痛の解消、血圧の安定、耳鳴りの改善などの副次的効果も期待できます。

ダイエット効果

メラトニンは痩せホルモンとも呼ばれています。

就寝中にエネルギーの消費量を高めて、多くの脂肪を燃焼させるのが成長ホルモン。

この成長ホルモンは深く眠っている時に分泌量を増やし、質の良い睡眠は結果的にダイエット成功の鍵となります。

抗酸化作用

メラトニンは抗酸化作用を有し、老化・病気の要因にもなる活性酸素を除去する効果があります。

脳の萎縮やアルツハイマー型認知症の予防に効果、シミやシワなどの改善が期待できる他、免疫力を高めて風邪を引きにくくする作用も期待。

メラトニン摂取方法

サプリメントから摂取することをおすすめします。

アメリカでは10mgのサプリが販売されていますが、夜になる時間帯に0.3~3mgを内服する範囲がおすすめだと言われています。

最初は、少ない量から始めて、徐々に増やしながら体に慣れさせていくと、不安なく摂取することができます。

メラトニン購入方法

いろいろと通販サイトで調べてみたのですが、Amazonなどの通販では購入が販売していないようでした。

そこで、海外のサプリメントを多く取り扱っているiHerbというサイトから購入してみることにしました。

30,000以上のトップクラスでしかも評判の良い、健康的な商品; 配送費の割引や、信じられないほど嬉しい低価格とお客様に…

私は、サプリメントでも有名なNowFoodsのサプリメントを選びました。

一番安価で、容量も3mgの60粒入っており、コスパが良さそうでした。

メラトニン

カプセルの大きさも、言うほど大きくはないので、飲み込むのが苦手という方でも安心できるサイズかとおもいます。

メラトニン

カプセルも簡単にわることができるので、量を調整したい方にもおすすめです。

商品ご購入はこちらから▼

メラトニンを摂取してみての効果は?

メラトニンを摂取してみて、一番感じるのは、ストンと眠りに落ちることができるようになりました。

寝付きを良くするために、いろいろと試してやってきたのですが、始めての感覚です。

根付くのは、だいたい徐々にうとうとして眠くなる感じが今まで多かったのですが、メラトニンを摂取してからは、いつの間にか寝ているという状態が続いています。

翌日の目覚めも、目覚ましアラームが鳴って徐々に目が覚める感じでしたが、一瞬で目が覚めて起き上がることができます。

人によって差があるとは思うのですが、私は効果を感じられています。

ダイエット効果は、まだセロトニンを飲み始めて間もないので、今後継続していき、変化があるようでしたら、追記していこうと思います。

Mashanworld-マシャンワールド-
最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

[PR]
睡眠とダイエット効果をもたらすメラトニン3mg摂取体験レポート
SNSで最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Mashanworld-マシャンワールドオンラインショップ

Mashanworld-マシャンワールドのロゴやキャラクターを使用したグッズを販売中